向かい風93号

忙しすぎる日々

3月議会が終わってひと月半、目まぐるしく日々が過ぎ

空いた時間には、草むしりや枝払い、やりすぎると腰痛。

茶摘みに始まり、柿の葉茶、ドクダミ干し、次はレンセンソウ

とうとうせり摘みはあきらめました。

ドクダミは。摘んで洗って、束ねて干して、乾燥したら刻んで保存します。

柿の葉茶は、若い葉を洗って、刻んで、蒸して、干して、保存。

お茶も、洗って蒸して、揉んで、乾燥させて、最後はお日様に当てて、甘くします。

大変だけれど、美味しい。

その合間に向かい風もやっと出来上がり、昨日新聞に折り込みました。

自然の恵みはありがたいけれど、忙しいし体が大変です。

どこまで続けられるやら、腰痛と相談です。

 

向かい風93号です。相変わらずの飛行学校。

極め付きは、158本の丸材を角材に変えて工事をしてしまい

市はそれを知らなかったという事です。

ものつくり大学の横山教授の独断で、角材の変更を許可したというのです。

理由は、丸太と丸太の接続が大変だったから。

ふざけるな!   です。

 

 

 

前の記事

向かい風92号