向かい風88号

 遅くなりました

1月27日に向かい風を新聞に入れて、アップするのを忘れていました。

すみません。

 

なぜか写真が消えてしまっているのですが、ご容赦ください。

 

4月の市長選挙を控えて、現職の市長が立候補を表明するも、対抗馬が見つかりません。

桶川に人なし、我こそ、と思う市議もしなければ、市民もいないのでしょうか?

向かい風で触れましたが、今の桶川はコンプライアンスを失っています。

その理由は、長年の経験で、トップの考え方がゆがんでいるからです。

自らが潔癖、公正であったなら、組織のずさんなところが目についたら、すぐ改めます。

それができない理由があるからです。

税金の無駄遣いの大きな問題として、入札関係をチェックしてきましたが、随意契約については市を信頼していました。

かつて何度がチェックをして、改めてきたからです。過ちを再び犯すことなどないと。

しかし、今回、17億円にも上る随意契約については、迂闊でした。

法律を守らない契約が多いこと、公開すべき随意契約も公表をやっていない

職員の起案書はめちゃくちゃ、見積書の依頼文書もない

行政として信じられないことばかりでした。

明後日22日月曜日から3月議会が始まります

これまで、新庁舎の疑惑、飛行学校のお粗末な工事と違法のオンパレードに力を入れてきましたが、

これから随意契約を徹底的にメスを入れます。

職員の中でも、なんでいけないのかわかっていない人もいるほど

桶川市は、とんでもない自治体に成り下がっています。

それと、市長は体調が復活しているのでしょうか?

今までは病み上がりだと、大目に見ていましたが

次期4年間の市長就任に際しての覚悟はあるのでしょうか?

市民の命を自分の命を懸けて守ろうとする覚悟はあるのでしょうか?

自らを知って市長選挙に挑もうとしているのてしょうか?

そこのところをしっかり見極めて、一般質問をするつもりです。

3月17日、午後2時過ぎ、ネットの中継を是非ご覧ください。

前の記事

向かい風87号