県知事…河川砂防課長の横暴に喝 !

情報公開審査会の答申…江川第2期支援会議

ながく長くかかった、埼玉県情報公開審査会の異議申し立てに結論が出ました。

意義申し立てをしたのは一昨年の10月、1年5か月もかかった結論、これでは情報公開の意味をなさないのですが、あえて河川砂防課長の横暴さ、地方自治法も県条例も無視する公務員の資格に欠ける言動に、鉄槌を加えるべきと思いました。

周囲のほとんどが、課長の横暴さに黙っている状態、上司も部下もあきらめている役所って何だ !

事の発端は、江川の水難事故。

私達は、すでに10年も前から、桶川市内江川周辺の氾濫の解決を叫んできました。しかし、県は最下流からの治水対策が優先という立場だっので、それでは早く対策を決めましょうと、支援会議の立ち上げとまとめに奔走しました。

その結果まとまったのが、現況地盤活用案、高く盛土された所はそのまま、低い場所は盛土をして氾濫域を作り、低い道路はかさ上げをするというものでした。

そして第二期の支援会議では、その具体化と、残された湿地の保全と営農支援をまとめるはずでした。

ところが、その人選を巡って、小野市長が横やり。地元委員を県は2名程度としていたのを倍の4名にしてきたのです。環境保護団体と同数程度で会議をやってきたのを、一挙に増やして、市長の親しい地元の方を推薦してきたのです。

これに対して、県は2名をお願いしたのですが、市は聞き入れず、そうこうしているうちに江川の水難事故が起きました。

私は、江川の氾濫は、桶川市の都市計画の失敗と埋め立て許可にあったと思っていますから、市としては、独自の対策や支援会議の協力は当然と思ってきました。

しかし、小野市長は何も勉強していなかったと見えます。江川の対策に力を入れず、挙句の果てには区画整理で氾濫に拍車がかかっているにも関わらず、調整池事業まで放置していました。

だから、私もその責任の一端があると思い、県に速やかに対策を求めるためにも、ほとんど出来上がっていた第二期支援会議の立ち上げを事故の2年前から何回も要求していたのです。

そこに登場した、国土交通省から出向してきた常山河川砂防課長。初対面の時に私に大声を出し、パワハラ。

そして、勝手に第二期支援会議を自分の構想で変え、公募に変えたのです。メンバーも決まり、規約もきまっていたのにです。

当然ながら私たちはボイコットし、その結果、人数合わせが大変だったはずです。

まずのり弁

課長は死亡事故が起きた事で、責任を感じたのでしょうか、保身に走り、あたふたといろんな動きをしました。市長も自分の責任ではないかのように、国や県に要望をし、長い間かかわってきた私には浅ましくも映りました。

そこで、国会議員やマスコミを始め、県の対応も含めて、情報公開をしたのですが、のり弁だったのです。

今までは、すぐに公開していたものを課長が変わっただけで、のり弁。それを上司もいさめられず、部下はあきらめ顔。

そんな独裁者、聞いたことがない。だから、異議申し立てをしました。そんな公務員は絶対に許せない !

その結果、公開すべきだったと、全面的に私の主張を認めました。

県情報公開審査会・江川2017.2.28

 今度は応募書類をシュレッダーに

更に驚いたのは、江川支援会議の公募した応募用紙を廃棄したというのです。だから人選の決裁書類もない。

そんなこと聞いたことがない !

委員には報酬も支払われ、公的委員会で、しかも公募です。県のホームページにも載った募集ですから、県民すべてに公開のはずです。従って、その人選には、客観的基準と公平さが必要です。

しかも、県の公文書保管規定では、申請書の保管は5年。まさに、条例や規則を守らない公務員で、免職ものです。

しつこく調べたら、北本県土事務所の所長の承認を得て、後はシュレッダーで破棄するよう指示されたというのです。

しかし、北本県土所長が人選に関わるなど、どこにも書かれていない。

何もかも課長の独裁で、支援会議のメンバーを決め、その記録書類も記録もない、と言うのが、情報公開決定書でした。独断でないのなら、決裁を経た公文書は残っているはずですから。

廃棄の記録もなし

では、廃棄したのなら、文書管理台帳に廃棄の記録がなければなりません。

それも請求しました。ところがこれも不存在。

これは知事の責任です。人事管理も、法令遵守も含めて。

最低、最悪の河川行政、行政の継続性をも無視した行為。

これが、その決定通知書です。本来なら、地方公務員法違反にあたります。

2015.12.18江川公募委員不開示

 

文書管理不存在2016.2.3江川文書廃棄2016.7.20

公務員の質ががだんだん低下している。

こういう社会は、いつか破裂するのではと、心配です。

県から何の連絡もなし

そして極めつけは、通常審査会の決定が出たら、担当課は公開を改めてしなければなりません。なのに、何の連絡もないのです。

県職員の皆さん、出向されている方も、

情報公開条例を勉強しましょう !

県民をなめるなよ !

 

 

向かい風72と坂田公共施設の資料

本日、新聞に折り込みました。

向かい風72表 

向かい風72裏

 

 

 

 

 

 

 

一般質問が14日の午後になりました

 裏面の一般質問のお知らせですが、いつも質問をしている議員が2名、申し出をしていないことが分かり、3日間で終えることになりました。

従って、14日の5人目になります。

一人1時間の持ち時間ですが、目いっぱいやらない議員もいるので4人で3時間と想定した場合、1時半から2時ころ始まる予定です。

原稿を入れたのが、10日くらい前なので、予測を間違えてすみません。今までこんなことがなかったのですが、ちょっとびっくりしました。

坂田地区公共施設の資料

坂田の公共施設、民間に土地を全面的に貸して建物を建てさせる業者が決まったようです。ホームページにアップされました。

http://www.city.okegawa.lg.jp/shisei/52/sakatachikukokyo/p002850.html

黒塗り資料はこれです。なんでも事前の対話とか名前つけていますが、どのようなアドバイスやお願いをしたのか、全くわかりません。

直接対話と事業費

坂田資金計画

資金計画は200%に拡大してもよくわかりません。

実に情報公開制度をなめている、市民軽視です。

再度情報公開をして、同じようならまた審査請求をしなければなりません。

企業の利益をどのように計算して、民間導入を決めたのか、それを私たちは良しとするのか、見極める必要があります。

桶川市は、裁判や審査請求をしないとまともにならない、最も裁判をやっても議会で議決して違法な支出をしてしまう市ですから、社会性がないというか、法律とは何ぞやもわからない。最近特に感じています。

市民の方からの苦情や意見も毎回いただくようになりました。皆さん、どこか変だと感じているようです。

仕切り板について

向かい風にあった議場の仕切りについて、議会運営委員会で、共産党の佐藤正弘議員からクレームが出ました。

すると、一斉にいろんな方から、記事についての文句と言うか、言い分が出されました。心外だと言いたいのでしょうが、議員は自分たちの決定に責任を持つべきです。仕切り板を作ることに賛成したし、お金も使うことになったのは事実です。

それに、いつも議会の言動はオープンでなければならないと思います。

佐藤議員は、「議会は市民と一定の距離は必要」と自分は言っていない。とのクレームです。限られたスペースの中でのメッセージですから、誤解を与えた表現なら謝らなければなりません。でも、彼が言ったとは、書いていないはずです。

私の国語力がなかったのかもしれませんが。

私は、小さな記事で細かい話しが伝わらなかったことは反省したいと思います。だから次号の向かい風73号で細かく書こうと思います。予算の報告もありで、またスペースで悩むことになりそうですが・・・

でも、市民に出来るだけ議会に親しんでもらうためにも、仕切りは要らない、と何度も発言をしたのですが。

次回はそのことも含めて仕切がり板について、報告をします。

せめて普通の役所に

遅れましたが、新年おめでとうございます。

この国も世界も明るいニュースがないので、なかなか新春にふさわしいブログが書けませんでした。

ふと、思い出したことがあります。

昨年の12月29日、市の情報公開担当から書類が送られていました。ものつくり大学が情報公開を拒否していた旧飛行学校跡地の整備事業の見積書について

情報公開審査会が、「公開は妥当」と言う結論を出した答申書でした。

大掃除で忙しく、年が明けたらゆっくり読もう、結論が出たなら、連絡も来るし、

と思っていましたが、今や17日。

不安になって、封筒を探し、改めて読み直してみました。

市はそのまま放置

やはり、公開は妥当との内容。

でも、今まで、市は、ものつくり大学に肩入れし、市として公開するという決定を出しておきながら、大學の言い分を聞く形で、執行停止=非公開にしているのです。

通常、審査会の決定が出たら、市は速やかに情報公開をします。本来なら。

公開すべき情報を、長く長く半年も隠してきたのですから、年明けて直ぐに公開のお知らせをするのが本来の行政です。

しかし、それから2週間、いまだ何の連絡もありません。

法律や条文で決められたことを、自分たちの都合で、操作してしまう。

そのことが行政として、組織として、とても問題な組織であることの自覚がない。

税金徴収、施設の使用許可、市の権限はしっかり行使するのに、義務となるといい加減。まさにモラルハザードの横行なのです。

新庁舎でも、指名停止処分が全国に出ている大成ロテック(100%大成建設の子会社)を、下請で認めてしまう。

全国的に下請けもダメとの決まりがあるのに、桶川市はあたかも正しいかの言い訳を議会でしました。

市長も副市長もだんまり。

本当なら、いい加減なこと、トップは激怒するはずです。

私はそういう首長を何人も知っています。

 

桶川市の建設工事の契約に係る入札参加停止の措置要領

市の要綱では、下請けもダメと書いてあるのです。要綱は条例ではないから違法ではない、だから良いのだ、とでも言うのでしょうか。

だったら、なんでもあり。

憲法があり、各種の法律があり、地方自治法によって市が成り立っているという基本がわかっていない。

地方公務員は、全体の奉仕者であるという自覚がないから、特定の組織や会社や個人を優遇することは法に反するという事が分からない。

これでは賭けマージャンをした市長と変わらない。

せめて、普通の市役所にならないものか。

これも市長次第とも言えないだろうか。

新年早々の嘆きになってしまいました。

明日は、709万円の裁判です。桶川市の弁護士が昨年亡くなってから半年以上、なかなか弁護士が見つからず、やっと再開です。

 

 

 

レベルの低い桶川市

一般質問が終わりました

体調が完全回復していない状態での12月議会、しゃべりすぎたり、庭仕事に出るとすぐバテてしまう日々の中で

資料の読み込み、勉強も十分でない中での一般質問

他の議員や傍聴者にも理解出来る資料を作ることもあり、時間ぎりぎりで臨みました。

9月議会で懲りたのでしょうか、執行部の方も答弁書を出す代わりに、その後の質問項目を教えてほしいとの要望もあり

かなり詳しい、レクチャーをしました。

結果はお粗末

しかし、残念なことに、再質問の内容を教えても、自分たちで答弁を勝手に作ってしまい、予め用意した答弁をしゃべるので、その場での議論を深められない事に気づきました。

結局時間と労力のムダになったかと。

詳しい内容は、議事録ができてからお伝えしたいと思いますが

例えば、道の駅について

整備計画では、前年にまとめた管理運営計画をもとに作っているのですが

通過交通量が41800台/日、これは上尾道路の環境アセスメント時の1989年のデータです。

Q 今は何台なのか?

A  12時間で9800台

一日当たりの交通量ではないデータを出す。

仕方ないから、大きく見積もって倍として2万台、これでも半分。

41800台のデータを前提に、年間100万回のレジ通過者で、9億5千万円の売り上げ

年2000万円の利益という管理運営計画をもとに、整備計画が成り立っているのではないかと聞いているのに

同じデータを答弁で繰り返す。こちらがデータを示しているのに、答弁が事前に作られているので、人の質問を受けとめずに、原稿を読み返すだけ。

庁舎の問題では

市長が任命する監督員が法令通りに仕事をしていない

写真が県の工事写真作成要領に基づいて提出されていない

入札前の建設業者と市の質問回答書がすべてに優先すると説明をし

施行計画書で、設計変更をする場合、監督員の承諾がいるのに、それが記録されていない。

今、立ち止まって見直しをしないと、工事業者になめられるよ、その例を出すから、守るべき法令をきちんとまとめるようにと

事前に調整し、レクチャーているのに

情報公開の資料を出して、

埼玉県設計管理要領に基づく監督員(市の職員)の承諾なしに設計変更し、

それで工事金額をもし増額するとしたら、問題だ、

市のいい加減さで市民の税金を使われたらたまらないと質問。

しかし、回答はトンチンカン

こちらは、体張って、命がけで仕事をしているのに

執行部は、真剣味が足らず、真摯に受け止めず、勉強せず、答える。

入札前の質問回答書だから―その後の打ち合わせで決められる、なんて答え・・・

桶川がちっともよくならない理由

まず第一に、人を尊重しない、多様性を認めないから

相手のいう事を受けとめようというエネルギーがない

市長は下を向いたままで、こちらの話を理解しようとしない

目も当然見ない。

意気込みもって説得しようとしない。

政策に信念がない。

市のレベルを上げる妙案はないものだろうか  !?

 

 

 

 

 

一般質問は12月12日午後2時から

議長の告別式が重なりました

向かい風で12日午前と告知しましたが、変更です。

議長の臼田氏が、突然無くなりました。いくつかの癌が転移して、肺の機能が低下したようです。

訃報を聞いたときは、にわかには信じられず、ちょうど私より一日早く、入院したらしく、人ごととは思えませんでした。

私も呼吸と痛みで苦しみましたので、さぞかし苦しかったろうと・・・。

ご冥福を祈ります。

亡くなったのは11月30日ですが、告別式は12月12日午前となったようで

ちょうど一般質問の日に当たってしまいました。

議会では、午前を告別式に出席として、午後から議会を開くことに決まったそうです。

変更を御了承下さい。

向かい風71号

体調を壊しました

向かい風、11月初めには出来上がっていたのに、アップが遅れてすみません。

%e5%90%91%e3%81%8b%e3%81%84%e9%a2%a871%e5%8f%b7%e8%a1%a8jpg%e5%90%91%e3%81%8b%e3%81%84%e9%a2%a871%e5%8f%b7%e8%a3%8f-%ef%bd%8a%ef%bd%90%ef%bd%87

 

 

 

 

 

 

 

 

アップする時間がないほど、実は忙しかったので、まじに体を壊しました。

どうして忙しかったなんて説明すると山のようになってしまうので

確かなことは、人のため、社会のための仕事のみで無理をしすぎたことです。

次から次へと市もいい加減、ムダづかい、違法なことのオンパレードに加え、国の公共事業までズブズブになっている、県もいい加減、

一つ一つ取り上げたらきりがないのですが、目の前にある問題に取り組んでいる間に、いつの間にか睡眠時間が減っていて、ここ数ヶ月、熟睡する日が無くなっていたのです。

スケジュールに追われて動いていて、気が付いてみたら、

喉が腫れて、扁桃周囲膿瘍という病気になっていました。水も飲めない、唾も飲めないほど喉が腫れてしまい、大変な痛みと体力の低下に陥ってしまいました。

8日ほど入院して退院しましたが、声を出すと、喉がまた痛くなる、咳が出る、鼻水が出るなど、話をできるだけしない生活をしていました。

なので、電話も出られず、失礼をした方が多かったかもしれません。すみませんでした。

北村はもうだめらしい

と、どなたか、というか、某人物がまき散らしたらしく、話は大きく拡散したそうです。

後で呆れてしまいました。

議会事務局にも、「北村議員は12月議会は休みか」という問い合わせも何人かあったとか、

すみません、残念でございました。

確かめもせずに、肺炎だとか、重傷でだめらしいよ、とか、適当な情報を流す輩というのは、主観的願望があったにせよ、実に教養がないと思いませんか。

人の上に立つ立場であるならば、猶更人格は一定以上の質が必要ですよね。

良くお考え下さいませ。

12月議会は淡々と

今回、入院してみて、よーく考えました。体力が無くなるほど無理しては、元も子もない、って。

無理せず、息長く働くことにしました。

不正は許さない !   税金泥棒を許さない !