動議の出された民生経済委員会

一般質問終わりました

今日一般質問が終わりました。自分だけ質問をすれば楽なのですが

毎回資料作りに苦戦して、時間を取られ、効率良くしたいとも思いますが

市民にわかりやすくすることが仕事の一つと思っています。いつか役に立つときが来ると思ってやっていますが、相変わらずの無法行政に、恥を知れと言いたい。

後日報告するとして

委員会の議事録出てきました

議事録を読んで、報告として残してほしい項目をピックアップする作業を議会が終わってからしました。

先日報告した、削除をもとめる動議の部分がはっきりしました。

私は不正だとか一切言っていないのに、むしろイチャモンとしか思えない佐藤議員の発言で

それに同調した委員長と委員の様子がわかります。

誰が賛成したかを、確かめていませんが、まあとりあえず、テープ起こした部分を報告します。

問題の部分は色を変えてあります。

ーーーーーーーーー

〇北村文子委員 委託料の道路台帳の補正委託と道路境界の測量委託、これについて、過去5年間の委託料と、それから業者についてお願いをします。

〇岩﨑隆志委員長 道路河川課長。

〇沖田圭一道路河川課長 道路台帳の補正委託でございますが、こちらは道路河川課で用意しました資料の3ページをごらんいただきたいと思います。

委員ご質問の過去5年間の委託料並びに事業者ということで、資料のほうを作成させていただいております。平成29年度につきましては、道路台帳補正業務委託としまして、受注者は昭和株式会社埼玉支社で、受注額につきましては1,134万円でございます。それ以前の受注者につきましても、これは昭和株式会社ということで結果はなっております。

以上です。

〇岩﨑隆志委員長 北村委員。

〇北村文子委員 もう一つのほうもお願いしたいのですけれども、これはわかっていて聞いているわけですけれども、この25年度以前も昭和がずっと受注をしているわけで、今までのデータに関しては市のものだから提供はできると。そういう意味での土台がきちんと、入札条件をきちんとして、入札をし直しというか、入札結果なのですよね、これがね。毎回同じ業者がずっととるというのも、何かおかしな話なので、どこか仕様書、それから入札条件に何か問題があるのではないかなというふうに思うか、あるいはお外で談合しているのか、どっちだかわかりませんけれども、もう10年以上もずっと昭和が受注しているというのはやっぱり不自然だと思いますので、そこはちょっと洗い直しをしていただけないでしょうか。

〇岩﨑隆志委員長 道路河川課長。

〇沖田圭一道路河川課長 委員おっしゃるように、10年以上昭和というところで、入札、私どものほうも昭和さんが結果的に今、過去5年間、過去10年間、結果だけ表にしますと、昭和さん並んできてしまっている実態がございまして、道路台帳整備ということでございまして、整備をしていただいたものの成果品というのは市のほうに出てくるわけですけれども、市のほうとしても毎年委託ですので、仕様書をつくって、条件をつくって、今年度はこういったもの、こういったもの、こういったものをつくってくださいねというところで、年間を通して1年間で、開発でもらった道路だとか、あるいは市のほうで道路改良して改めて認定道路の台帳が変更になるもの、こういったもののほかに交付税のものだとか、いろいろなものの資料の作成というところで、仕様はさせていただいている状況でございまして、なかなか今委員がおっしゃるように、何か変わった形で仕様を変えてというところも、道路台帳の整備の中で、がらりと変わるようなことというのはなかなか難しいかなとは思っております。

そういった中で、市のほうとしては、昭和さん準市内業者という位置づけもございますので、市の担当の道路河川課からしますと、推薦については準市内業者という位置づけの中で推薦のほうはさせていただいている状況なのですけれども、何かしら考えようがあるのかというところでご意見なのですけれども、これについてはちょっと今後何ができるかというのは検討させていただければなというふうに思っております。

以上です。

〇岩﨑隆志委員長 北村委員。

〇北村文子委員 この請負率というのは、全体の事業の中の請負なのか、それとも落札率のこと、どっちですか。

〇岩﨑隆志委員長 道路河川課長。

〇沖田圭一道路河川課長 こちら請負率は、落札率でございます。

〇岩﨑隆志委員長 北村委員。

〇北村文子委員 そうすると、26年度100、それから29年度98.78と極めて設計金額に近く、物すごく近い状況というのがあるので、やはりそこのところも含めて、契約管財課ともちょっと協議をしていただいて、情報が漏れているのか、それとも何かあるのか、よくわかりません。

   〔「ないよ、そういう状況は」と言う人あり〕

 いやいや、わかりませんよ、それは。

   〔「そんなばかな話ないじゃない。不正があったっていうことを言って

     いるわけ」と言う人あり〕

 済みません、私が判断して、そういう情報も時々入りますので。

 〔「いやいや、そういう問題じゃない」と言う人あり〕

 済みません。私の発言なので、私が質問しています。

   〔「気をつけたほうがいいですよ」と言う人あり〕

 気をつけています。極めて100%というのは、またこれも、偶然の一致というのは偶然のほうが多いということはないので、情報的にはきちんと守秘義務を守って、しかも契約管財課と。

   〔「市が漏らしたと言っているわけ」と言う人あり〕

 契約管財課ときちんと協議をして。

   〔「おかしいよ、絶対」と言う人あり〕

 やっていただきたいと思いますので、お願いします。

                                      

     ◎動議の提出

〇岩﨑隆志委員長 はい。

佐藤洋委員 その発言については取り消してくださいよ。不正があったと言ったよ。

〇北村文子委員 委員長、私発言が終わっていないのに指すのはおかしいと思います。

〇岩﨑隆志委員長 今の不正という言葉に対しまして動議が発動されましたので。

〇北村文子委員 ちょっと私、不正という言葉は使っていません。

〔「いや、使ったよ」と言う人あり〕

使っていません。情報が漏れたかもしれないと。

   〔「漏れたってどういう意味」と言う人あり〕

〇岩﨑隆志委員長 済みません。委員長采配なので、済みません、お願いします。

   〔「はい、どうぞ」と言う人あり〕

〇北村文子委員 でも、委員長、済みません。いいのですけれども、私が発言している間に、ほかの人を指すというのはやめてください。そこだけはきちんと采配振るってください。

〇岩﨑隆志委員長 了解しました。

 動議が発動されましたので、動議を承認するかどうかの採決を行います。

 今の北村委員さんの発言に対しまして、取り消しということで。

〔「ちょっと待って。それだったら、ちょっと動議を説明させてくださ

     いよ」と言う人あり〕

〇岩﨑隆志委員長 佐藤委員。

〇佐藤洋委員 私が言ったのは、執行部が何か価格を漏らして100%だったと、これ不正でしょう。そういうことを、平気でこういうところで、委員会で言っていいのですかと。それを問いたいから動議と言ったのです。わかってくれますか、北村さん。

〇岩﨑隆志委員長 今の佐藤委員の動議は、不正があったというふうにとられかねない発言に対してどうかなということで、この発言に対して削除ということで動議の採決をいたします。

 動議を賛成の委員の挙手を求めます。

〔「ちょっと待ってよ。北村さんに何か反論があるんなら、ちゃんと取

     り上げて」と言う人あり〕

〇北村文子委員 いや、待ってよ。だって、どこからどこまでを削除するのですか。それもはっきりしないで。

〔「何か漏らしたって言ったじゃない、そこだよ」と言う人あり〕

いやいや、漏らしたではなくて、要するに100%、98.78%で、一般に市民オンブズマンからいうと87以上は。

〔「そういう問題じゃないんだ。結果論ですよ、それは」と言う人あり〕

 だから、結果論だから、だけれども、市民の疑惑でもあると

〇岩﨑隆志委員長 暫時休憩します。

 

休憩 午後 1時39分

再開 午後 1時41分

 

〇岩﨑隆志委員長 休憩を閉じて再開いたします。

                                      

     ◎発言の取り消し

〇岩﨑隆志委員長 ただいまの佐藤委員の動議に対しまして、賛成の委員の挙手を求めます。

〔挙手多数〕

〇岩﨑隆志委員長 挙手多数によりまして、先ほどの北村委員さんの発言を削除いたします。

                                    

〇岩﨑隆志委員長 北村委員。

〇北村文子委員 では、言いかえます。要するに、100%、98.78%というような落札率というのは、市民オンブズマンに言わせると87%、90超えたら、極めて談合の可能性が高いというふうな報告も出ております。そういう意味では、かなり高い比率で落札しているわけですから、これは守秘義務も含めて注意をして契約をしなければいけない、入札をしなければいけない案件だと思っております。

ですから、10年以上も長い間ずっと昭和が請け負ってきて、なおかつこういう99ですよね、ぐらいの落札率が出ているということは、市民にとっては、ある意味で不信感を出す可能性があるということです。ですから、この辺については契約管財課なりと相談をして、原課が推薦をするわけですから、業者を。だから、そういうことも含めて見直しを求めたいと思いますが、いかがでしょうか。

〇岩﨑隆志委員長 道路河川課長。

〇沖田圭一道路河川課長 ただいま北村委員からそのようなご意見をいただきましたので、これにつきましては私どもの捉え方としてみれば、入札により執行の結果というふうに捉えておりましたけれども、10年以上同じ会社がという部分では、市民の立場からすると疑いの目もあるよということでございますので、こういったことを総合的に判断をしまして、ちょっと契約管財課とも相談をしながら、どういった方法がいいのかというのは考えてみたいと思っております。

以上です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つまり、何の問題もない発言に対し、佐藤議員が私の発言を遮って

わざと動議を仕向けた形になっています。

それに対して、何の意義も唱えない他の議員(委員長岩崎、副委員長岡野、委員新妻 亮、北村 文子、 佐藤 洋、渡邉 光子、加藤 ただしの7名)

私だったら、意見を言っているのは確かです。

 

市政をチェックできない、議会で議論ができないのであれば、議員の資格を問われると思っています。

分別のわからない子どもを甘やかしたら、結果は押してしかるべしです。

動議の賛成に同意をした議員は後で確認します。

10年以上も入札して、業者が同じで、落札率が100%や99%なんて、神業しかないでしょう。指名を変えればよいだけです。

それが本当の行政改革です。

昨日に続き建設文教委員会

教育委員会の答弁

昨日も9時半から委員会

開始した途端に佐藤委員が、委員長! と

「スムーズに審議をしていただいて、5時を目標に終わらせたいと思います。」

そんなの意味の無い発言なのに、あえてするのは脅しのようなもの。

事前に通告してあるものを審議していたら、答弁時間はかかる。

それなら、全ての項目を6時間半で割ったら、良いかも知れない。

それに、通告していない人が審議に参加できない事になる。

通告は努力義務。答弁を用意できるようにしておくためだから

当然自分の所管の仕事はよく知っているはずという前提である。

上原市長の時代は、通告もなし、職員に「なんでもどんと来いという姿勢になれ」と翌言っていたことを思い出します。

そんなに多くない仕事と思うのだけれど、職員の大方は一生けん命の姿が見えない。

さて、審議が始まると、まず教育委員会の答弁が悪い。

いじめのアンケート、認知件数が30件あったと報告があり、それに対するどんな対応?

誰が動いたのか、さわやか相談室なのか、スクールカウンセラーなのか、教育相談員なのか、

ハッキリしない。つまり具体的ケースを把握していないという事になるのです。学校の報告任せで、機養育委員会は動かない。

不登校もしかり。答弁保留で、数時間してやっと報告できるというように、時間が過ぎていきます。

小中で保護者の負担があるのか?

ドリルとか副読本など年4~5千円という報告が出てきた。そのお金を各クラスごとに集金するという。

そう、私たちの子どものころからそうだった。しかし、その頃は、教科書も自費で出す時代。

義務教育無償化になっても、一方ではそんな経費は保護者負担。時代はどんどん変わるけれど、ドリルなどは先生が作っていたこともある。

塾の方が勉強出来るという子も多いから、親が子どもにお金をかけるのはいとわないかも知れないけれど、学校での負担については、ちょっと違う。

給食費もそうなのだけれど、学校でのお金の取り方、処理の仕方は学校に任せているというのはおかしいとの趣旨で質問したら、佐藤議員がまたまた横やり

「どこの学校でも、周辺の自治体でもやってんじゃないの。」

次に岡野議員、「ちゃんと報告書が出ていて、私も確認しています。子どもの時も見ています。」

佐藤議員、「うち孫がいます。」

今やっていることを肯定してどうする?

これは全国の事例や文科省に確認しないと、と思って私も引っ込んだが

人の質問に横やりを入れてくる議員は、私の経験では初めてだ。

お互いの議論の場ではなく、決算に対する質疑答弁なのだから。

本会議でも時々佐藤氏は議長の立場で、休憩をして横やりを入れる。

これも私の27年間で、経験したことが無い。議長になったら、みんな人格者になって、温厚にまとめていくことをしっかりやっていたと思うのです。当選したときにしっかりと挨拶しますから。

民主主義は、人を尊重することから始まり、多様性を認めることが要でもあるのに。それは多数決の持つ暴力性を補うために、少数意見を尊重する仕組みがあり、

議会は民主主義の学校なのです。

人の意見を遮るのは、自分を主張し、自分の考えに強引に向ける行為です。議長はそういう人がいたら、たしなめ、議論を深めて、調整していく立場です。

私は、一般質問を聞いていても、何て幼稚な質問なのか、電話で聞けば終わりじゃないか、もう少し調べてから質問しろよ、と思う事もあります。

でもそれは議員の個性でもあるし、暖かく見守っていることにしています。

乱暴な議論は別として。

寛容と品性のある議会であって欲しいと、願いつつも、現実とのギャップに、考察を繰り返す日々です。

今日から一般質問です。6月からインターネットで見られることになり、市民の目がもっと近くなっています。議会が少しずつ、市民に向くことを願っています。

茶番としか言いようがない建設文教委員会

昨日の委員会

建設文教委員会は昨日と今日開かれます。

午前は市道の認定と廃道の議案、午後から決算審議です。

この9月議会から、決算特別委員会を作るのではなく、各委員会に所管の部分を審議する方法に変わりました。

で、午後は土木費。過去には一番の予算の消化でしたが、最近は市長の想いがこもったビックプロジェクトと新庁舎にお金を取られ、だんだん少なくなっています。

だからこそ、猶更、ムダを無くし、公平な契約が大切なのです。そのチェックをして、今後に生かすのがまず一義的な議会の役割だと思っています。

是正させる中身はいろいろありましたが、木材チップ化の最終処分に責任を持たないまま、市内2業者に単価契約の形で契約。しかし、おかしなことに、樹木管理という伐採の仕事をする委託の仕様書でチップ化にするよう求めているだけで、契約があいまいのまま、4年も続けているのです。小野市長になってからの事業で、何度も廃棄物処理法違反と言っているのに、是正しない。

やっと今回の審議で、来年度から是正をするとの答弁を引き出しました。職員が法律を知らない、庁内の横断的連絡調整が無いためにずっと続いてきた仕組みです。

道路台帳補正委託

そして、更に長期にわたって続いてきたのが、(株)昭和が受注している道路台帳補正委託です。

下の資料を見て下さい。

道路台帳補正委託

 

 

 

 

 

ある時期から、道路台帳の整理をはじめ、もう10年以上もずっと㈱昭和が入札でとっています。

何度も、おかしいのではないかと、過去に質問してきましたが、今回は100%と、29年度の99%の落札率を取り上げて質問しようと、

高い落札率は、情報の洩れも考えられる。

佐藤議員の猛烈な横やりと言論封殺の委員長

と突然、「それはおかしい。市の職員が不正をやっているかの発言だ。撤回すべきだ。」と佐藤議員。

私は、まだ発言は終わっていません。黙って下さい。

というのに、委員長が佐藤議員を指して、発言させる。

私は、市の不正などと断定はしない。証拠の挙がったものしか、市は謝罪もしないし、いい加減なことは言うべきではないと思っています。

でも、誰が見ても、おかしいと思うのは普通の感覚。質問をして、市が払拭できる答えを出すか否かにかかっていて、それなりに市は襟を正すのです。

だから、質問すること自体に大変意味があることなのですが、委員長は

「佐藤議員の取り消しを求める意見に賛成の人、挙手を願います。」

「挙手多数なので、北村委員の発言を取り消します。」

あらラララ・・・・

どこを取り消すのかい。

第一、どこが質問でいけないのかい。市が不正をやっているかのような雰囲気の質問がいけないとしたら、議会の半分は機能しなくなります。

そういえば思い出したことがあります。岩崎市長誕生の初議会で、私が質問をした時、岩崎氏が、渡辺議長に、「ひどい発言だ、取り消しを」と議会が休憩になったことがありました。

それは後日報告しますね。

なぜ、疑惑の質問がいけないのか

佐藤議員は入札の事となると、ムキになるって来ると、思っているのは私だけでしょうか。

自分だけが市内業者と職員の味方のような、大きな声の発言が多いのですが。これも特定の業者よりの発言は、取り消すべきだと、いいましょうか?

それをやったら、若手の議員が委縮してしまうし、品性の無い言葉は言い換えていただくとしても、出来るだけ自由に発言をさせるべきだと思っています。

議会は民主主義の学校ですから。

しかし、多数決で質問制限までしてしまう、呆れた委員長。

他の委員長は、そんなことはないのですが、発言途中で佐藤議員を指す行為とさすがに、人が発言してい時に、他の委員を指さないで下さい。と抗議して、わかりましたとは言ったけれど。

やれやれ。

これに同調する委員の面々。議会は多数決で真実を隠せません。

言論封殺は、意味の無い事です。

なぜって、それならこちらも覚悟あり。情報公開で徹底的に追及して、皆さんにお知らせするまでです。

さあ、今日も一日頑張ります。

委員会も傍聴できます。残念ながら、本会議と違ってユウチューブは見られないので、これからは委員会で暴挙が起きた時はお知らせすることにします。

今日、挙手をした委員を確かめてみます。横に委員が並んでいるので、誰が議事録も確認せずに、賛成したか確認していないのです。

今日も書きます。頑張りますよ。

 

 

向かい風78

向かい風78表面向かい風78裏面

 

 

 

 

 

 

 

大分遅くなりました

新庁舎の支払いは詳しく調べれば調べるほどおかしなことがいっぱい出てきます。

今回は、解体工事のアスベストについて、途中工事を変更して、追加工事をした部分に、便乗した価格の上乗せが見られました。

更には、本来、市が設計金額を算定しなければならないはずなのに、極めてずさんな体制が浮き彫りになってきました。つまり、他人にお任せ、日本設計にお任せの実態が更に明らかになってきました。

大成建設に決定した際にも、日本設計がすべて資料を作成し、評価までしたことが判明しています、挙句の果てにはその費用600万円まで市民が払ったというのですから、この疑惑は晴れそうにもありません。

生活が大変でも税金を払っている市民に対して、申し訳ないという気持ちが無いのでしょうか?

決して見逃さずに、これからも追及していきます。

 飛行学校整備も

7億円以上かけて整備する飛行学校も、ものつくり大学の横山研究室との官学協定が桶川市にとって、癌のように、財政を悩ませています。

研究材料と言えば、目くらましでいくらでもかけられます。

今回の入札結果で、取材したところ、人件費で大幅なコスト増になっているようです。

それも横山教授が作成した設計書で、横山教授が作った仕様書で、横山教授が請け負った工事監理で、何でもいいなりの実態。

これを平気で予算に上げてくる市の担当職員も頭の中をのぞきたいと思うほどです。私なら、気が狂うくらい、モラルも基準も失っている今の桶川、つける薬があったら教えていただきたいと思います。

市長は9月も不在

これも9月議会も引き続き取り上げますが、市長と横山氏で取り決めた官学連携協定、責任を取るべき人物がいない中で、誰が判断し、説明し、責任を取るのか、もう少し、公僕であることを自覚してほしいと、切に願ってやみません。

 

 

母が亡くなりました

6月議会が終わって、いろいろ書きたいことが山ほどあったのですが

母の葬儀や裁判などに忙殺されて7月も終わろうとする今になってしまいました。

7月4日です

私事ですが、母が7月4日に亡くなりました。101歳に4日足りませんでした。

人の死はこの世の習い、誰でもいつかは死が訪れると、覚悟も十分でしたが、

49日までの毎日、般若信教を唱えるたびに、もっと長く生きてほしかったと、思うようになりました。

 

若いころから、苦労と、差別の中で生きてきた女性です。

そして、本陣を最後まで守りとおした事に、精一杯の感謝と敬愛の気持ちで

上段の間に安置し、祭壇を設置して、送りました。

桶川の近代の歴史は、まだ未研究の部分がたくさんあります。

歴史や文化をこれからに生かしていこうという姿勢を市が持った時に

必ずや、母の功績は生きてくることだと思っています。

 

私自身は、自分自身の人生に一つ区切りがついた気がします。

今は、母の人生からどう学んでいくか、自分への問いかけの日々です。

少し余裕ができたら、母の壮絶な人生を本にしようかとも思っています。

女性蔑視の社会と闘い、親族の欲と闘い、差別と偏見の中で、私たち4人の娘を大学に行かせてくれた一人の女性を冷静に見つめてみたいと思っています。

向かい風78号奮闘中

今、6月議会の議事録を見ながら、向かい風78号を作っています。

お盆前後に出すつもりです。

この議会、市長が入院で不在だったことが、答弁に影響しています。市の幹部も代行者たる副市長も責任ある答弁ができていないのです。

今までもそうでしたが、市長を守るために、それなりに一生懸命でした。しかし、いざ自分に肩にかかってきたら、逃げる、責任を取れない、そんな状況です。

副市長に至っては、工事検査長の職責さえも意識が無く、通告の内容に対して勉強もしない、聞いても無駄。

さて、市長は今、リハビリに奮闘していると聞きますが、9月議会はどうなるのでしょう。市民の親たる覚悟で市政に臨むことを期待しますが。

動画が見られます

6月議会から、一般質問が見られるようになりました。

議会➡下の方に 関連情報、桶川市議会中継映像配信ページ、とあり、

議員名北村で見られます。

時間が足りない中で、資料を出しながらの質問ですが、難しいといつも言われて反省です。資料もあとでアップしたいと思います。

 

 

市長室トイレ

市役所は市長の顔

日大アメフトとほぼ同時に始まった新しい市役所。

至る所に不満と不快さがあって仕方がない。37億もこれで支払ったと思うと

呆れるばかりなのです。

15日の一般質問の前に改めて、点検をしようと、昨日永野朋子さんと一緒に見回りました。

いたる所に市長の考え方が出ていると感じます。

3階フロアの市長室につながる秘書課入り口

竣工式の時は、見通せた窓が、今はみすぼらしい両面テープで紙を貼っていたのです。

秘書課入り口

その裏側は、3階職員の執務スペースです。

なぜ、新築なのに、紙を貼ったの・・・?

秘書課の職員は、職員のパソコンが覗けてしまうとか、お客が見えてしまうとか、いろいろ説明をしていたけれど、結局のところ設計ミス。お粗末な話しです。

これからどうするか決めるそうですが、また、ムダな税金を使うのか 😥

因みに紙を貼った裏側は、こうなっています。センスの良い絵や置物など無理か!

DSC_0250

 

市長室隣のトイレドアは施錠

トイレを見たいと行ったら、ドアが施錠。どなたかお使いになっているのかと。

トイレドア

 

ドギッとしたのですが、秘書課は何も答えない。見せてとお願いしても、課長以下3人の職員はダンマリ。

30分くらい揉めていたら、秘書室長が帰庁、すぐにトイレの施錠を解除して見せてくれた。

管理は秘書室がやっているという。

きれい ! 😛 

トイレ

洗面室もきれいです。ホテルみたい !

お香もある !

DSC_0252

どこの市役所に市長専用で、ペーパータオルもおいてあり、こんなきれいなトイレがあるのでしょうか?

市長は入院

あとで知ったことですが、この前日の夜、市長は脳出血で入院。当時の秘書課の職員には危機管理ができていないようで、入院を隠すのに必死で何を聞いても答えられないという状態だったようです。

主なきトイレは、スペースと建設コストのムダの象徴のようです。市役所の会議室を貸す料金は、建設コストから割り出します。その分もコストに入っているのですが。

市民の税金で出来たトイレです。皆さん一度体験してみませんか?

そして、いつどのようにしてこのようなトイレを作ることが決められたのか、考えてみませんか?

市長には特別扱いがどこまで許されるのか、どなたか、教えてください。

私はその答えを知りません。

市長に説明を

いずれにしても、病床にある市長、一日も早く平癒して貰わなければなりません。数々の不可解な市役所と設計。その責任を取れるのは市長しかありません。

6月議会は市長不在です。責任を取っていただく相手がいないと頑張る気も失せます。

お早い回復をお祈りしています。

近く、旧飛行学校の契約案件が後出しで議案として出てきます。

その問題もお知らせしなくてはと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どなたが