6月一般質問を終えての反省と決意

一般質問が終わりました。

1 2か所の保育所に預けている世帯の解消を

2 桶川に病院が必要との共通認識を

3 新庁舎、1年目の検査と管理がずさん、議会質問から9ヶ月でまだやっていない

4 飛行学校整備、文化財だから高いといいながら、まやかしの工事

5 新庁舎監査請求の審査のいい加減さ

を明確にするために質問しました。

今回初めて、監査委員に質問しましたが、最後の残り2分で、全く異なる答弁をされてしまい、言いたいことが言えず、残念。

私は、新庁舎の設計変更に関する、見積もり書について、「見積もり依頼書が無かったんですよね」、と一回目の答弁をたたみこんだのですが

監査委員は、用意した別の原稿を読んでしまったのです。

「見積もり依頼書は無かったんですよね。」

「ハイ」で良かったのに!

議長曰く、「もう質問しないと言ったから、安心しちゃったんだよね」と私が悪いかの様

しかも残り32秒で止めたのに、12秒まで針が動いていた。議長に言ったら、止めた、と言うのだけれど、止まってなかったのです!

後で確認したら、担当の事務局員が、止めるのを送れたらしい。

他意は無いと思うけれど、こちらの真剣さが、伝わっていない。

1時間の持ち時間なのだから、1秒でも貴重。

今回、年収600万と仮定して、年4回4時間の一般質問、

委員会も加えて30時間として20万円/時間。

「1分3300円の仕事だから真剣に向かい合って欲しい」と言っておいた。

見積もりについて

新庁舎では、アスベスト工事がとっくに終わった1年半近く経ってから、見積もりを取り、設計変更をしたことに対して、国交省と埼玉県の設計変更ガイドラインで、「工事費の2割以内なら、軽微な変更で、工事終了時に設計変更をしても良いことになっている」。だから良いのだ、と答弁をしました。

そのガイドラインとは、こうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

設計変更に伴う契約変更の手続きは、その必要が生じた都度、遅滞なく行うものとする。ただし、軽微な設計変更に伴うものは、工期の末(2会計年度以上にまたがる工事においては各会計年度末)に行うことをもって足りるものとする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そこで赤字( )について、どうなのか、ガイドラインは知らなかったのか、知っていて、やらなかったのか、質しましたが、市は答えられないのです。

経過は

解体アスベスト工事は2016年8月中に終了

半年後の2017年3月末には出来高払いを終えている。(会計年度末です)

2018年1月に見積もりを取り、翌2月に設計変更をした。

つまり、工事終了後1年3か月も経って、見積もりを取り、2会計年度を超えて、設計変更をしているのです。

支払い時には、清算(設計変更)をしなければならなかったのに

大成との癒着の構図がはっきりしてきました。

おそらく、大成建設は、他でも同じように工事終了後に差し引きをして、戻らないようにしているのでしょう。そのために途中、8000万円の増額契約をしているのですが、よく検査すると、単価や架空工事の上乗せのオンパレード。

 

見積もり依頼書は一切ない

どんなものを見積もるか、文書で出せないのは、もともと、市が見積もりを依頼していないのです。日本設計か、大成建設か、下請け業者かが見積書を集めてきたからでしょう。

裁判になれば、証人として出てきてもらうことになります。

戦いは長期戦です。不正やムダづかいは絶対に許さない。

それと反省

どうせ、まともな判断は出ないと、あきらめていた監査請求。

今回の監査請求の項目は11。毎議会ごとに、監査委員に質問することにしようと思いました。

市民の信頼を得る監査の為にも、あきらめてはダメですから。

向かい風81号

休みなき5月

草むしりに加えて、5月は広葉常緑樹の花と、落葉の時期。

タラヨウの大木は、絨毯のようにびっしりと数センチの花を積もらせ、

重たい庭掃きに苦闘の連日。

ショック! ボンタンが盗まれた!

10年ほど前になるでしょうか? ボンタンの苗をいただき

いくつか大きな実がなるようになって、今年は8個ほど、

表の門の内側に直径15センチから20センチの実をつけていました。

できるだけ熟した新鮮なものをと、一つ落ちるたびに拾っていたのですが

最後の4個になって、農薬もないので、皮も煮ようと、一気にとろうと思っていた矢先

一つ落ちて、木にはおおきな実が3つ

それが、

気づいたら、

何もないのです。

 

土、日と出かけ、月火と徹夜の仕事で

それが終わったらと、思っていたら、

ない!        ウソ!

黄色の大きな実が無いのです。

カラス?  ネコ?    いいえ、あんな大きな実を運べるはずがない。

盗まれた?

まさか・・・。一つ残らずなんてありえない。

でも結局、盗まれたのですね。金銭的価値にしたら、3千円くらい?

それよりも、今買えないし・・・。

忙しすぎた自分を呪い…

結局、盗む行為にショックを受けています。

信じられない心境なのです。

向かい風81号 今日の新聞に入りました

今回は、監査請求を裏一面に載せました。本当はこれ以外にも手抜き工事と考えられるものがたくさんあるのですが、裁判でも戦える証拠のあるものを抽出して、返還請求をしました。

昨日、その監査結果が届きました。「何も違法で無い」というものです。

予想はしていたのですが、どの程度監査委員が理解を出来るかが見ものでした。

でもそんなこと無駄だったと、改めて、思い知り、

監査委員の能力と真面目さは、桶川の課題です。

他市では、元大蔵官僚や国税庁の経験者などを任命しているのですが、

桶川市は榎本税理士が20年以上やっているのではないでしょうか?

それに今回就任した江森議員。

何しろ、裁判の前に監査請求をするのが、法律で決まっているので

仕方ありません。

向かい風アップします。

 

 

 

 

 

建築関係の方は良く理解できると思います。

私も素人ですから、わかるように書きました。

これから訴訟に入ります。

選挙終わって

 

新行田市長にエール

先週土曜日まで、区議選挙と北本の市長選挙の応援をして、いつの間にか我が家は草ぼうぼう。

日曜日は町内会の総会、月火と掃除洗濯、草むしりと体はぼろぼろですが、いつになく、ほっとした感があります。

一番嬉しかったのは、行田の市長選挙。石井さんは、一昨年でしたか、高橋議員と一緒に私の一般質問を見に来てくださった、博識ある人格者です。

選挙は、まともな人や正しい人がおおよそ勝てないのが今様で、しかも75歳。

果たして現職に勝てるだろうか、と不安でしたが、何と!  勝ったのですね!

3期無投票という特殊な状況に、勇気ある立候補をしたことにも、尊敬してやまないのですが、それに応えた行田市民もすごい!

加えて、隣の北本市の三宮市長の誕生

これも二期目の現職に勝てるのか、心配しながら応援に行きましたが、それぞれのまちにいろんな事情あり。現職の人気が無いことが分かってきました。

金曜日には駅頭で、公明と国民民主系3人の女性候補者、大島敦衆議院議員に現職市長と鳴り物入りの集会も、さほど人が集まっていないことから、ひょっとして勝てるかな、と思いました。

女性3人と現職の集会の司会がなんと佐藤議長。よそのまちにしゃしゃり出て、その程度の人選しかいないのか、と思いました。

その後三宮陣営の集会があり、私もマイクを持とうと思ったのですが、他山の石。

みっともないことはやめよう、と自らを戒め、工藤議員が司会をし、私は静かに見守っていました。

客観的に見て、三宮陣営の方が、北本を守りたいという熱意があった気がします。

工藤議員の人気も、演説もさすが。今回の勝利の立役者は彼だと思います。

それにしても、北本市の方が、桶川より民主主義が進んでいるという感触大です。

区議選挙

大田区の奈須りえさんは、私と同じ無所属、今回とても感触が良く、彼女の4年間の活動が表れていたと思います。

結果はダントツの1位。3位との差は3千票以上、2位の都民ファーストの女性は、容姿端麗と言うか、今回自民党はそういう候補者が多かったけれど、都民ファーストもそうか。

その彼女から820票も引き離してのトップ当選。

文京区の田中和子さんも無所属。前回より12位もあげ、476票上澄み。彼女も確実な実績を上げています。

少し、時代が動きつつあるのを感じています。時代の閉塞感を有権者が感じ取り、行動に出つつあるのかなと。

応援していた候補者は全員当選。

貴重な体験をさせていただいて、又一つ勉強になりました。

明日は、新庁舎の総合評価の「のり弁資料を開けろ」という裁判の第一回公判です。5千万円も高い大成建設が、未だになぜ当選したのか、わかっていません。

過ぎた事でも、不可解なことを見過ごしていたら、悪いことをした人の天下になります。次世代にそんな社会を残すわけにはいきません。

来月は、4900万円の返還を求める訴訟を起こします。尤も、監査請求で、まともに調査をして、まともな判断が出れば裁判などしなくて良いのですが・・・・。

 

えげつない新政会・その他多数

3月議会が終わりました

今日やっと、3月議会が終わりました。

予算の反対討論をやって、一部事務組合の選挙は棄権して

その他もろもろの課題を消化して、先ほど帰りました。

予算の討論は、佐藤議員(共産)反対→島村議員・賛成→北村・反対→糸井議員賛成と、1時間45分かかりました。

一週間くらいしたら、ネットの動画が見られます。是非ご覧ください。

それにしても、賛成討論のお粗末な事。島村議員などは、予算が前年比どうだとか、市の説明のような討論で、挙句に土木費がいくらあがったなんて、

それって、身内の会社の利益につながる話だよね。

さて、それは動画を見ていただくとして

これは、どうしても書かなければと、パソコンに向かっています。

昨日の議会運営委員会

この間、加藤ただしさんが担っていた資源循環組合議員の後任をどうするか、議運でずっと話し合いが続いていました。

私は、一部事務組合議員になっていないので、私にやらせてほしい、と一貫して主張していました。

しかし、

糸井・・・新政会が今まであったものだから、是非やらして欲しい

江森・・・新風21はもともと新政会がとったものだから異存ない

仲又・・・公明も按分で決まったことだから新政会で決めてほしい。

佐藤(共産党)・・・いいまでなっていない人に平等にすべきだ

渡辺・・・一部事務組合は報酬も出る。いくつも兼ねるのはおかしい。

そしてまた持ち越し

私は、何が何でもなりたいというのではない。かつては、議長、副議長は一部事務組合の議員を辞退していたし、途中で空きが出る場合はその時になっていない人に当てていた。

あえて言えば、最大会派は、そういう場合には譲っていた。

議会の中で、それなりに譲り合っていて、こういうトラブルは無かったのです。

そして昨日

実にえげつない案を出してきた。

水道議会の相馬議員が水道議会を降りるので、それを渡す。

その代わりに中部循環組合をよこせ、という案。

故臼田議員がこだわって頑張ってきたことなので、新政会にやらせてほしい。

それに、新風、公明、共産が同調。あらかじめ話し合っていたらしい。

仲又・・・もともと按分して出てきた事。新政会がダブったとしても異存ない。という意見も。

北村・・・仲俣さんそれはおかしい。新政会は1名減ったのだから、そのままという事は無い。

仲又・・・臼田議長の時、会派の多い順に3名と言われたと思う。

(臼田氏は、強引に勝手に決めることが多かった。そんな話は私は聞いていないし、前例もない。)

北村・・・私は納得できません。そこまでして「よこせ」と言うのはどうかしている。人を馬鹿にしている。

糸井・・・決して北村さんを馬鹿にする気持ちは無い。

(だったら、態度で表せよ。言葉だけで、自分たちがやりたいという姿勢は変わらないだろうって。それを馬鹿にしているというんだ、という事が分からないか。)

佐藤議長・・・北本はちょうど選挙、水道なら北本市だけだから迷惑が掛からない。県央議会だと鴻巣が入る。衛生議会だと上尾が入る。なるべくなら、投票による選挙は避けたい。

意味わからない。北本市長と市議会と水道議会事務局に、お伺いを立てたという。

実に身勝手なやり口。他の議会だって同じはずで、こんな身勝手な理由で、一部事務組合を振り回すのも失礼だ。

北村・・・私は納得しない、えげつないですよ。そんなすげ替えは絶対に認めません。

そんなことまでする水道議会になる気は無い。新妻さんに譲りますよ。

一つ条件がある。私の意見も議会で伝えてください。

佐藤議長・・・エッ、それはできないよ。北村さんの意見を「反対」と言うの。

そんなこと言っていないですよ。議会で黙っていないで、私の疑問などを言って欲しい、という事ですよ。もともと議会を代表して出ているのだから。

それは、相馬君次第だろうね。

私は、可能な限り傍聴しているけれど、まず質問が出ない、シャンシャン議会なんて意味がない。不気味な議会。どこまで、新施設の状況や環境アセスメントを理解しているのだろうか。

知事意見だって、結構シビアだ。

えげつない乃意味が分かっているのか

元々、議会の民主化と、どこか多数決の奢りを戒めるためにも「待った」をかけた。

1部事務組合の報酬は、年額40万前後になる。しかし、そんなことはどうでも良い事なのだ。

このやり方が人をいかにバカにしているのか、そのことすら気づかない、気の毒な面々。自分で自分をリスペクト出来るのかしら。

議運が終わって、「平成会、えけづないよ」と少し語気荒く、声を出しておいた。

こんな議会だから、問題なことをどんどん素通りしていく。市のモラルがどんどんなくなっていく。

今日は、反対討論で、「ゴミの問題は小野市長の政策の誤り」とはっきり言っておいた。

組合の準備会としての協議会を作る前の関係市町村代表者会議が開かれた。2013年の事。

岩崎前市長は、吉見町長に対して、「場所はどこか?」の問いに対して、前町長は「現在の場所近くと考えていただきたい。」と答えている。

その時、裁判の和解で、2度と作らないという約束を知っていたにも関わらず、全岩崎市長は加入し、小野市長はそれを踏襲した。北本も鴻巣も撤退し、引き返せることは多々あったはず。

10年、5年前から準備していなければならなかったはずなのに、放置して、お任せだった結果、これから5年間、多自治体と民間に他より、3億6千万円もの予算を使う事になった、と。

何が何でも、私に中部循環組合に入れたくなかった面々。えげつない奴らはたくさんいるけれど、自分に恥ずかしくないのだろうか?

 

多数で群れることは簡単な事です。自分のプライドや哲学を棄てればよいだけの事。

でも、議員の価値は無いし、生きている価値もないと、思っています。

その考えは一貫して変わりません。

 

 

 

新庁舎4,147万2,713円を監査請求しました

一般質問が終わり

今週は、超多忙、一昨日までは新庁舎の監査請求のために、金額の確定に奔走と、昨日の一般質問の準備と、息がつけない日々。

家は片付かず、土曜日が待ち遠しい。

まずは昨日一般質問。前回の熊谷の病院の現場監督のダブり就任の顛末書、ダブっていないという証拠に、労災保険成立票を出してきました。

その受付が11月15日だから、桶川の現場監督を変わった10月19日は、病気療養中というのです。

11月15日のくい打ち工事から突然現場監督になったのはありえません。ニセ保険成立票の看板に10月3日と書いてあるのは、契約日を書いてしまった、というのです。

こんなウソの言い訳を平気で出してきて、不問に付すのはありえない。

それじゃあ、桶川のはいつ届けたの? と問い合わせたら

ナ・ナ・何と、-! 労災保険の届けを出していなかった!!

公共事業なのですよ!!!!!

6月20日の工事着手から2月14まで10ヶ月、しかもニセの労災保険加入の看板を掲示し続けた。

これは詐欺です。

大野建設の方も、横山教授も、桶川市も、目を皿にして下さいな!

この右側の飛行学校の門の前に掲示されていた看板

ウソだっったのですね。

保険番号なども勝手に使って、いやいや、でっち上げて

姑息な言い訳が通ると思っているとしたら、桶川市との余程の癒着があるとしか考えられません。

墓穴を掘ると言いますが、変な言い訳をしたところから、発覚したニセ保険成立票の看板

顛末書2枚

左側が顛末書

昨日一般質問で配った資料です。

 

 

 

この自治体のレベルの超低さと、請け負った会社のコンプライアンスの超低さ

現場監督の経験を15年と決めた、横山教授の入札介入と、市のノーチェック

はたまた忖度天国の桶川市。

このまちに未来はあるのだろうか?

一般質問で、毎回感じる事です。おい!しっかりしろよ!

自分に恥ずかしくない生き方しろよ!

 

新庁舎も4千万円以上のムダ

実はもっとたくさんあるのですが、時間切れで、支出の決裁から1年以内が監査請求の期限なので、市の担当者から情報公開と説明を受けて、計算をしたものなのです。

概要を言うと、

2016年5月2回 桶川市との工事請負契約 31億4,280万円

2017年6月7日 第1回設計変更し、6月13日 増額契約7,992万円 合計32億2,272万円、これは議案に出ましたが、増加設計に一貫性がなく、私は反対しました。

その後、完成間際に第2回の設計変更をしましたが、これはいわば工事の清算。

増加した工事の単価や操作で、プラスマイナスゼロにしたものです。

計算をし、出来高調書、連絡表、竣工図、工事写真などを照らし合わせてもどうもおかしい。例えば 

  • 第1回の契約変更は、2017年6月議会で可決(木ルーバーを大幅に増加するとともに、終了している解体工事のアスベスト撤去の増額、土工事の増加も含まれている。
  • しかし、アスベスト工事の見積もりに根拠はなく、竣工近い2018年1月に見積もりを取り、つじつま合わせをしている。
  • 土工事も、掘削土の土質が悪く、受け入れ先が変更になったとしているが、2メートル以下のもののみで良かったものを、表土2メートル部分もコスト高の受け入れ先に持って行っている。大成建設の手間カットのために、桶川市が大金を払ったという事です。
  • 変更の指示、決裁が不透明→文書がない。なあなあの増額。
  • 特に追加変更の不燃木パネル・ルーバーはデザイン上の問題で必要不可欠でなく、高額な金額となっていること。
  • 単価根拠となる見積書に疑義があること。(依頼書・日付・単価根拠)
  • 市民が市役所を利用する際の自転車置き場屋根、外壁に必要な懸垂幕装置等の不可欠なものが提案したにもかかわらず実施されていないこと。など様々な問題が含まれていますが、

私たちの建築関係の仲間がぎりぎりまで計算をした積み上げ他金額です。

その努力には頭が下がります。

さて、監査委員はどこまで理解が出来るでしょうか?

勉強してもらえるでしょうか?

2カ月後には裁判です。あきらめずに戦いますよ。

4月17日には、709万円・庁舎設計契約解除損害賠償金の返還訴訟の判決が出ます。

ほとんど市は金額の根拠を立証できず、これで市が勝ったら裁判制度も終わりだーー

何でも多数決が横行したら、子供や孫の時代はひどくなるだろうな・・・・

何て思ったりしながら、死ぬまで戦い続ける自分と対話している日々です。

 

疲れるなー

お花見でもして心を癒そう!

そうでした。今日は我が家の白モクレンの大木が満開です。

今年は心なしか、花が少ない気がしますが、夜は白く妖艶な姿を見せてくれます。

不思議な命の息吹を感じるのです。

 

 

 

 

 

異変…昨日の本会議

昨日は本会議

新年度予算のうち、歳入に対する質疑の日です。

以前は、予算書を見開き度に質疑が行われ、夜11時近くまでかかることもありましたが、近年は歳入だけを本会議、歳出は各委員会ごとに分けてしまったので、余り時間はかからなくなりました。

しかし、それでも答弁できる担当者も少なく、事前に質疑を通告するようになりました。従って、所管委員会ではない部分について、歳入で関係するところは、極力聞くようにしています。

それでも毎年、ほとんどの議員が質問をしないので、ページをめくるごとに、私が手を挙げる、という、とても疲れる一日なのです。

ところが今回は、違ったのです。何と、10人近くの議員が質疑の通告を出していたのです。😲

そして、午後6時までかかりました。今までは、私に

どのくらいで終わる?

早く終わらせてね。

等という議員が何人かいたのですが、今回は一人のみ。

私は同じ質問なら遠慮して、他の議員の質疑が終わったところで、残りを質疑するという役割に徹し、その間、頭を休めるというゆとりを感じられた次第。

とても良い事です。聞くことにより、自分の意識もスタンスもはっきりしますので。

間違っても、勘違いでも良いから、質疑をすることです。

私は、議員になりたての時から、わからないことはどんどん聞いていました。

 

この変化の理由

1.動画配信ができるようになった

2.今年は選挙の年

3.3回経験し、やっと予算が理解できるようになった

でも、3は2期、3期の議員には通用しないので、1と2かなと思います。

因みに、今日は総務委員かが行われています。いつもなら傍聴するのですが、今日は急ぎの仕事があり、家で作業です。

それでも委員が要求した資料はたったの7枚。委員会の論議は低迷なのかな—-

午後、仕事終わったら除いてみますが・・・委員会は動画配信はないのです。