二重払いの真実はどこに

渋谷さんは当選 

一昨日、嵐山町の選挙、渋谷さんは当選です。3人落選で、定員14人中、渋谷さんは11位とこれまでになく、票をへらし、落ち込んでいました。

 選挙は国政に影響を受けます。今までゼロだった民主党が今回立候補。最終日に2人の国会議員が応援に駆けつけ、最下位で当選しました。それと、民主党ブームにおそれをなした保守系が、異常な締め付けをしたことが良くわかりました。

 不思議な光景・・・一部落の交差点の角々に二人組みの男性が立っているのです。一人はジャンパーを着て、一人は私服。決まってその姿。なぜかと思っていたら、他の候補者を部落に入れさせないのと、部落から出かける人を見張っているらしいのです。・・・美しい緑の山々と川。古刹や田畑にひっそりたたずむ墓地や板碑。深い緑に燃えるような彼岸場の群落のコントラスト。美しい町に暮らす人々の心の複雑さを垣間見た思いです。

 桶川のずさんな会計は市長が収入役だった頃から

 最近になって、3人の方から「二重払いは、単なるミス、と受け取っている市民が多い。」と聞いてびっくり。わたしは、自分の持っている資料や議会で配った資料を見せました。すると全員「ウン、これはおかしい」と言い出します。

 まだ、伝えきっていなかったことを反省し、マイクを持つときは、内容も少し話すようにしています。問題を整理しました。

①請求書番号の改ざん、

②支出伝票のタイトル名の変更 

③わずか3日後の請求書を忘れたと説明する怪 

④ 教育委員会が見積もりを取らなかったと答弁

⑤見積書がある、との指摘に市長答弁「緊急工事だから、見積書と請求書を同時に持ってくることがあるのは仕方がない」→他社見積もりもあると指摘したら沈黙

⑥見積書は、二つの別の工事のように加工されていた。緊急工事ではなかった。

⑦処分とはいえないほどの甘い処分。担当者への文書注意で終結。

⑧教育長は「約10年、このようなずさんな会計は続いていた。」と答弁。

⑨これが本当なら、市長が収入役になって2年のこと。この仕組みを作り上げて、ノーチェックの方式になった?

⑩T設備は当時会社設立1年。そして、収入役を廃止してから際立っている。

要するにこれは犯罪。どちらにも公文書偽造、詐欺、誰が首謀したか、誰が関わったのか、誰が得をしたかはわかりませんが。

 こういったケースの場合、単に2件で終わっているのではなく、背後には大きな不正があることが多いと、確信しています。

今後、資料を徐々に公開していきます。