向かい風81号

休みなき5月

草むしりに加えて、5月は広葉常緑樹の花と、落葉の時期。

タラヨウの大木は、絨毯のようにびっしりと数センチの花を積もらせ、

重たい庭掃きに苦闘の連日。

ショック! ボンタンが盗まれた!

10年ほど前になるでしょうか? ボンタンの苗をいただき

いくつか大きな実がなるようになって、今年は8個ほど、

表の門の内側に直径15センチから20センチの実をつけていました。

できるだけ熟した新鮮なものをと、一つ落ちるたびに拾っていたのですが

最後の4個になって、農薬もないので、皮も煮ようと、一気にとろうと思っていた矢先

一つ落ちて、木にはおおきな実が3つ

それが、

気づいたら、

何もないのです。

 

土、日と出かけ、月火と徹夜の仕事で

それが終わったらと、思っていたら、

ない!        ウソ!

黄色の大きな実が無いのです。

カラス?  ネコ?    いいえ、あんな大きな実を運べるはずがない。

盗まれた?

まさか・・・。一つ残らずなんてありえない。

でも結局、盗まれたのですね。金銭的価値にしたら、3千円くらい?

それよりも、今買えないし・・・。

忙しすぎた自分を呪い…

結局、盗む行為にショックを受けています。

信じられない心境なのです。

向かい風81号 今日の新聞に入りました

今回は、監査請求を裏一面に載せました。本当はこれ以外にも手抜き工事と考えられるものがたくさんあるのですが、裁判でも戦える証拠のあるものを抽出して、返還請求をしました。

昨日、その監査結果が届きました。「何も違法で無い」というものです。

予想はしていたのですが、どの程度監査委員が理解を出来るかが見ものでした。

でもそんなこと無駄だったと、改めて、思い知り、

監査委員の能力と真面目さは、桶川の課題です。

他市では、元大蔵官僚や国税庁の経験者などを任命しているのですが、

桶川市は榎本税理士が20年以上やっているのではないでしょうか?

それに今回就任した江森議員。

何しろ、裁判の前に監査請求をするのが、法律で決まっているので

仕方ありません。

向かい風アップします。

 

 

 

 

 

建築関係の方は良く理解できると思います。

私も素人ですから、わかるように書きました。

これから訴訟に入ります。