新庁舎4,147万2,713円を監査請求しました

一般質問が終わり

今週は、超多忙、一昨日までは新庁舎の監査請求のために、金額の確定に奔走と、昨日の一般質問の準備と、息がつけない日々。

家は片付かず、土曜日が待ち遠しい。

まずは昨日一般質問。前回の熊谷の病院の現場監督のダブり就任の顛末書、ダブっていないという証拠に、労災保険成立票を出してきました。

その受付が11月15日だから、桶川の現場監督を変わった10月19日は、病気療養中というのです。

11月15日のくい打ち工事から突然現場監督になったのはありえません。ニセ保険成立票の看板に10月3日と書いてあるのは、契約日を書いてしまった、というのです。

こんなウソの言い訳を平気で出してきて、不問に付すのはありえない。

それじゃあ、桶川のはいつ届けたの? と問い合わせたら

ナ・ナ・何と、-! 労災保険の届けを出していなかった!!

公共事業なのですよ!!!!!

6月20日の工事着手から2月14まで10ヶ月、しかもニセの労災保険加入の看板を掲示し続けた。

これは詐欺です。

大野建設の方も、横山教授も、桶川市も、目を皿にして下さいな!

この右側の飛行学校の門の前に掲示されていた看板

ウソだっったのですね。

保険番号なども勝手に使って、いやいや、でっち上げて

姑息な言い訳が通ると思っているとしたら、桶川市との余程の癒着があるとしか考えられません。

墓穴を掘ると言いますが、変な言い訳をしたところから、発覚したニセ保険成立票の看板

顛末書2枚

左側が顛末書

昨日一般質問で配った資料です。

 

 

 

この自治体のレベルの超低さと、請け負った会社のコンプライアンスの超低さ

現場監督の経験を15年と決めた、横山教授の入札介入と、市のノーチェック

はたまた忖度天国の桶川市。

このまちに未来はあるのだろうか?

一般質問で、毎回感じる事です。おい!しっかりしろよ!

自分に恥ずかしくない生き方しろよ!

 

新庁舎も4千万円以上のムダ

実はもっとたくさんあるのですが、時間切れで、支出の決裁から1年以内が監査請求の期限なので、市の担当者から情報公開と説明を受けて、計算をしたものなのです。

概要を言うと、

2016年5月2回 桶川市との工事請負契約 31億4,280万円

2017年6月7日 第1回設計変更し、6月13日 増額契約7,992万円 合計32億2,272万円、これは議案に出ましたが、増加設計に一貫性がなく、私は反対しました。

その後、完成間際に第2回の設計変更をしましたが、これはいわば工事の清算。

増加した工事の単価や操作で、プラスマイナスゼロにしたものです。

計算をし、出来高調書、連絡表、竣工図、工事写真などを照らし合わせてもどうもおかしい。例えば 

  • 第1回の契約変更は、2017年6月議会で可決(木ルーバーを大幅に増加するとともに、終了している解体工事のアスベスト撤去の増額、土工事の増加も含まれている。
  • しかし、アスベスト工事の見積もりに根拠はなく、竣工近い2018年1月に見積もりを取り、つじつま合わせをしている。
  • 土工事も、掘削土の土質が悪く、受け入れ先が変更になったとしているが、2メートル以下のもののみで良かったものを、表土2メートル部分もコスト高の受け入れ先に持って行っている。大成建設の手間カットのために、桶川市が大金を払ったという事です。
  • 変更の指示、決裁が不透明→文書がない。なあなあの増額。
  • 特に追加変更の不燃木パネル・ルーバーはデザイン上の問題で必要不可欠でなく、高額な金額となっていること。
  • 単価根拠となる見積書に疑義があること。(依頼書・日付・単価根拠)
  • 市民が市役所を利用する際の自転車置き場屋根、外壁に必要な懸垂幕装置等の不可欠なものが提案したにもかかわらず実施されていないこと。など様々な問題が含まれていますが、

私たちの建築関係の仲間がぎりぎりまで計算をした積み上げ他金額です。

その努力には頭が下がります。

さて、監査委員はどこまで理解が出来るでしょうか?

勉強してもらえるでしょうか?

2カ月後には裁判です。あきらめずに戦いますよ。

4月17日には、709万円・庁舎設計契約解除損害賠償金の返還訴訟の判決が出ます。

ほとんど市は金額の根拠を立証できず、これで市が勝ったら裁判制度も終わりだーー

何でも多数決が横行したら、子供や孫の時代はひどくなるだろうな・・・・

何て思ったりしながら、死ぬまで戦い続ける自分と対話している日々です。

 

疲れるなー

お花見でもして心を癒そう!

そうでした。今日は我が家の白モクレンの大木が満開です。

今年は心なしか、花が少ない気がしますが、夜は白く妖艶な姿を見せてくれます。

不思議な命の息吹を感じるのです。