市長室トイレ

市役所は市長の顔

日大アメフトとほぼ同時に始まった新しい市役所。

至る所に不満と不快さがあって仕方がない。37億もこれで支払ったと思うと

呆れるばかりなのです。

15日の一般質問の前に改めて、点検をしようと、昨日永野朋子さんと一緒に見回りました。

いたる所に市長の考え方が出ていると感じます。

3階フロアの市長室につながる秘書課入り口

竣工式の時は、見通せた窓が、今はみすぼらしい両面テープで紙を貼っていたのです。

秘書課入り口

その裏側は、3階職員の執務スペースです。

なぜ、新築なのに、紙を貼ったの・・・?

秘書課の職員は、職員のパソコンが覗けてしまうとか、お客が見えてしまうとか、いろいろ説明をしていたけれど、結局のところ設計ミス。お粗末な話しです。

これからどうするか決めるそうですが、また、ムダな税金を使うのか 😥

因みに紙を貼った裏側は、こうなっています。センスの良い絵や置物など無理か!

DSC_0250

 

市長室隣のトイレドアは施錠

トイレを見たいと行ったら、ドアが施錠。どなたかお使いになっているのかと。

トイレドア

 

ドギッとしたのですが、秘書課は何も答えない。見せてとお願いしても、課長以下3人の職員はダンマリ。

30分くらい揉めていたら、秘書室長が帰庁、すぐにトイレの施錠を解除して見せてくれた。

管理は秘書室がやっているという。

きれい ! 😛 

トイレ

洗面室もきれいです。ホテルみたい !

お香もある !

DSC_0252

どこの市役所に市長専用で、ペーパータオルもおいてあり、こんなきれいなトイレがあるのでしょうか?

市長は入院

あとで知ったことですが、この前日の夜、市長は脳出血で入院。当時の秘書課の職員には危機管理ができていないようで、入院を隠すのに必死で何を聞いても答えられないという状態だったようです。

主なきトイレは、スペースと建設コストのムダの象徴のようです。市役所の会議室を貸す料金は、建設コストから割り出します。その分もコストに入っているのですが。

市民の税金で出来たトイレです。皆さん一度体験してみませんか?

そして、いつどのようにしてこのようなトイレを作ることが決められたのか、考えてみませんか?

市長には特別扱いがどこまで許されるのか、どなたか、教えてください。

私はその答えを知りません。

市長に説明を

いずれにしても、病床にある市長、一日も早く平癒して貰わなければなりません。数々の不可解な市役所と設計。その責任を取れるのは市長しかありません。

6月議会は市長不在です。責任を取っていただく相手がいないと頑張る気も失せます。

お早い回復をお祈りしています。

近く、旧飛行学校の契約案件が後出しで議案として出てきます。

その問題もお知らせしなくてはと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どなたが