立憲民主党のすがすがしさ

安倍総理の森友、加計逃れの、忌々しい衆議院選挙。

それでも、自分の信念と、次世代へ引き継ぐ国会議員を育てたいという思いで

東京16区の初鹿明博さんの応援に行っています。

この選挙で、国民のフラストレーションがいかにたまっているか、目の当たりにしています。

まず、有権者からかけよってくる、候補者の名前を知らなくても、立憲民主党というだけで、「わかりました」という高齢の女性

今雨が止んだから、入れてきたという方に何人も出会い

あちこちから湧いてくる支援の手

そして、関東一円から応援に駆けつけてくる議員や学者

応援の演説ものびのびとしているのです。

大きな風ではないけれど、すがすがしい風が人知れず流れている、という感じです。

候補者も、あんたが希望じゃなくて良かった、希望なら入れられないから、と何人にも言われたとの話。

私は、政治家は常に筋を通さなければ、その価値はない、税金泥棒と思っています。

当選が目的で、なりふり構わない議員が多い昨今、有権者はそれほど愚かではない、と感じる日々を過ごしています。

あと一日、政治に一石を投じた、でも当たり前の立憲民主党が、今のだらしない政治を変えることを信じて、頑張ります。