負けた気がしない選挙結果

補欠選挙結果

にいつま亮  7,323
星野のりじ  2,302
ながのとも子 3,965
合計    13,590

この選挙結果、 最初は驚きましたが、良く分析すると、見えて来るものがあります。

私は、選挙を自分で10回、他の選挙を含めると、20回を超える数を経験しています。

市議補選もかつてやったことがありますが、その感触からすると、最初は、市長が出した膨大なダイレクトメール、その後の共産党の現職の父親の立候補、圧倒的に不利な状況でした。

選挙が好きでギャンブル大好きな策士が画策したことですから、シナリオがあったのでしょう。

でも、街頭に出て見ると、 ながのともこが徐々に追い上げているのが、感触で分かりました。

引っ越したばかりの若者を選挙に出す無謀さ、有権者の反感と嫌気は十分感じ取れていました。低投票率の原因にもなったと思います。だから勝っていたと思います。木曜日までは。

まさか市議選で同じことが起きるとは。今回は投票率22.35%。こういう低投票率のときは、得票率ではなく、得票数を見ます。

市議選の時の得票率で見ると、良く見えてきます。その結果は、浮動票が民進党の候補者には入っていないということです。

自分たちが負けていたのも、分かっていたと思います。

だから、金土で動きがあったのですね、いつものように。

私は、若い者が選挙に出て、どこが勘違いしてしまっている議員を多く見ています。生活の苦労をしていない人に、弱者の声が聞こえないからです。

小野氏も選挙のためだけに活動している人ですから、同じと思いますが。

その意味では、また仕事が増えました。

勝てばすべてよし、とはなりません。遅れている桶川で、私たちは、少し早い時代を生きているのかもしれません。

でも、有権者に対していつも誠実であるべきと思っています。

数字合わせと分析は、皆さんでやってみて下さい。

だから、ながのともこは善戦しました。

桶川の癌細胞さえなくなれば、良くなるのにと思う気持ちは残っていますが。

支援して下さった皆様とともに

この選挙、勝てなかったこと、申し訳なく思っています。

でもたくさんの方の桶川への危機感、良く分かりました。

だから、皆様への感謝の気持ちは、この危機感の共有と、一緒に桶川を良くするため頑張りたいと思っています。

引き続き、ながのともこさんと活動していきます。

今日は二人て駅で街頭演説をすることにします。